*

2016年3月

クレジットカードの現金化と融資を受けることの違い

お金がない、お金をすぐに手に入れないと生活が出来ないといった場合、まず考えるのは融資をうけるということだと思います。もちろんこれは単純に言えば借金ということになります。 

消費者金融もあれば銀行カードローンでの借入もあると思いますが全てにおいて借金であることには変わりはないでしょう。正直あまり良い響きではありませんし、借金をしているということはどうしても重くのしかかってきます。

 

ではクレジットカードの現金化となるとどうでしょうか。これは融資とくらべるとショッピングの延長という捉え方になります。商品を購入する際のキャッシュバックによる方法や、商品を購入して買い取ってもらうということで現金にするという方法になります。とにかくキャッシングではないです。

 

もちろん、融資をしてもらう際には審査が必要になりますが、クレジットカードの現金化に関しては審査は必要ありません。またクレジットカードがない場合は作る必要がありますが、クレジットカードの審査に関しては融資程厳しいものではありませんので作りやすいということもメリットになります。

 

つまり結果的に、クレジットカードの現金化の方が現金を作りやすいという事になります。ただ、現金化する上で大切なことは、還元率と換金率です。これらが低すぎるとどうしても損をしてしまう場合がありますので、出来る限り高い還元率や換金率での現金化をしましょう。

 

融資をしてもらうことと、クレジットカードの現金化に関してはどちらにしても返済をする必要がありますので、そこはきちんと頭に入れておきましょう。

参考サイト:ビックギフト評判